タイトル 「我家に魔女がやって来た!」
ジャンル 恋愛AVG
ブランド たっちー
発売日 2003年9月26日予定
価格 9,240円(消費税込)
対応OS Windows 98/Me/2000/Xp
メディア DVD-ROM(片面二層)
音声 メインキャラのみあり
ボーカル曲 あり

 
 
 
 
 


■動作環境■
必須
推奨
CPU PentiumII 300MHz以上 PentiumIII 500MHz以上
メモリー 64MB以上 128MB以上
ハードディスク 約300MB以上(予定) 約6GB以上(予定)
DVD-ROM 4倍速以上 8倍速以上
画面サイズ 640 x 480ドット以上 1024 x x768ドット以上
表示色数 ハイカラー(16bit) フルカラー(24bit以上)
DirectX
Ver.7以上
BGM
PCM(WAVE)


■おはなし■

魔法界───。

そこは、人間達の住む物質界とは違う世界。
科学ではなく、魔法によって秩序が保たれる世界である。

キリは、若いながらも魔法界で屈指の『黒の魔女』だった。
だがキリは、自ら起こしたとある事件により、魔法界を脅かす元凶とされてしまった。
魔法界の法王庁から追放されたキリは、法王庁に対して復讐を誓う。

法王庁は、宣戦布告を打ち立てたキリに対し、二人の『白の魔女』を差し向ける。
結果、『白の魔女』達はキリを魔法界から追放することに成功した。

キリが追放された先は、物質界。

正規の手順を踏まずに物質界へ来た魔女は、姿が縮んでしまう上、人間と契約しないかぎり魔法が使えない。
そこでキリは、主人公である『椎名 優輝』という青年に目をつける。
優輝は人のいい青年。キリはそこにつけこんで強引に迫り、契約を結んでしまう。
優輝に止められれば魔法を行使できなくなるキリは、まず優輝を丸め込むことから始めようとする。

キリの目的は、魔法界に舞い戻り、復讐を果たすこと。

だが優輝と接しているうちに、少しずつキリの心は変化を遂げていく。

そこに、キリの完全なる討伐を命じられた二人の『白の魔女』もやってきて───。


■キャラクター■

キリエルファン=アントレイ
(通称:キリ)
 魔法界屈指の『黒の魔女』。ある事件が原因で、法王庁より席を剥奪される。
 反感を抱いたキリは、法王庁に反逆を起こすが、結果魔法界より追放されることとなる。
 強気で負けず嫌い。

アイシャ=フローレンス
 法王庁が誇る『白の魔女』。
 追放したキリの完全討伐を命じられ、追いかけてくる。
 キリとの戦闘中に優輝を傷つけてしまい、彼と契約するハメになる。
 見た目は穏やかだが、正義感が強く、思い込みが激しい。

リファーニ=フローレンス
(通称:リン)
 法王庁が誇る『白の魔女』。
 アイシャの妹。
 彼女もまた、姉と同じく優輝と契約することになる。
 人懐っこく、よく気がつく。
 出来のいい妹。
 契約してからは、優輝のことをお兄ちゃんと呼び慕う。

橋野 響
(はしの ひびき)
 優輝の家の隣に住む、世話好きの典型的幼馴染。
 屋根を伝って窓から優輝の部屋へ入ってくることもしばしば。
 優輝に昔から好意をもっている。
 初めは優輝の家に魔女達が住むことを快く思っていなかったが、いつのまにか協力してしまっている。
 学園では、男子にも女子にも人気がある。

霧崎 ありす
(きりさき ありす)
 優輝の後輩で、同じバイト先で働いている。
 バイトで生活費を稼ぐ苦学生。
 昔から不可解な現象に巻き込まれることが多く、気味悪がって誰も近づかない。
 自分にも両親がいないことや、友人がいないことから、優輝に共感を抱く。
 口数が少なく大人しいが、意外と頑固でやきもち焼き。



■サンプル画像■



■ヴォーカル曲■

◆エンディングテーマ [EternalTruth(ショートバージョン)]◆
視聴