学園物SLG
「MemoriesZero」

HYBRID CD-ROM(Windows、Macintosh両対応)
価格:9,240円(消費税込)
BGM用CD同梱
11月9日発売


■  ストーリー紹介  ■

 智・乃亜・千佳子は、お互い近所に住む幼馴染。
 特に変わった事も無く、平穏な生活を続けていた。

 中間テストが終わり、ようやく羽を伸ばせるようになった3人。
 皆でキャンプに行こうと言う話が出たり、学校行事で盛り上がったりと、割と普通の日常の中で智は、ある女の子に好感を持ち始めている子とに気がつく・・・。

 普通の生活の中にある「ちょっとした恋愛」、誰にでも「あるかもしれない」日常を元に、時折見られるヒロイン達の気持ちや仕草に共感したり、笑ってみたり、少し涙ぐんでみたり・・・
 そんな事を共有する、それがMemoriesZeroです。


■  キャラクター紹介  ■

多岐川 乃亜(たきがわ のあ)

 主人公の3人の幼なじみの中の一人で、お隣さん。
 大人しく秀才肌だが、特に勉強一筋というわけでもなく、いつも主人公には「要領がいいだけ」と言っている。
 人一倍主人公の事を気にかけている。
 本人はどの位自覚があるのかわからないが、傍目には主人公に気があるように見える。
/


綾瀬 千佳子(あやせ ちかこ)

 主人公の3人の幼なじみの中の一人で、お向かいさん。
 女子バスケ部キャプテンで、勝気。
 男勝りな行動に、女の子のファンも多いが、本人は煙たがっている。
 一見すると、単に暴れん坊のように見えるが、実は人一倍他人に気を使っている。
 主人公と一緒だと気を使わなくて楽だからと、無防備な面を見せる。


篠原 伊万里(しのはら いまり)

 一言で言えば個性的な子。
 口数が少なく、何を考えているか見た目には分かりにくい。
 それだけに、たまに発する一言が強烈になる事もしばしば。
 千佳子とは仲がいいらしい。


西木 由真(にしき ゆま)

 乃亜と仲の良い、一見大人しい真面目そうな女の子。
 乃亜と同じく図書委員をやっている。
 また、合気道を習っている、活動的な面も有る。


双葉 由宇美(ふたば ゆうみ)

 主人公の通う学園の教師。
 見た目が幼く、いまいち教師には見えないが・・・。
 学生には人気が有り、男子の間では”ロリ先生”と呼ばれていることも有る。


楠見 尚子(くすみ なおこ)

 本屋のバイト先の先輩。
 何かと主人公に、色気を使って絡んでくる事が多い。
 美鈴と飲み仲間で大の仲良し。
 二人揃って飲み始めると、もう誰にも止められない。


多岐川 美鈴(たきがわ みすず)

 主人公の3人の幼なじみの中の一人で、乃亜のお姉さん。
 仲良し4人組の中で一人年上だった美鈴は、当然のように何かと面倒見が良いお姉さんになってしまった。
 今は花屋で働いており付き合いは減っているが、飲みに行こうと良く誘われる。




■  歌詞  ■

『蒼空のメモリーズ』

作曲:くるがみ 龍
作詞:巣屋 真奈美、MARINE
歌:MARINE


過ぎたあの日のメモリーズ 今もこの目に鮮やかな光眩しくて
忘れないあのメロディー ずっとこの胸暖める優しかった季節


傾きだした校舎の影を 二人見つめてた屋上
遠くを見てるその横顔は 少し大人びていたね

掴めないもの遠くの夢を 追いかけてるあなたの腕を
いつの日もずっと私のこの手で 支えたいと思ったあの日から

初めてあなたの事 切ないほどに好きだと気づいたあの日から
刻みだしたのメモリーズ 広がる夢を追いかける二人の足跡を


言葉じゃ上手く伝わらなくて 二人背を向けた公園
気持ちがいつもカラ回りする もっとそばにいたいのに

あなたが夢に近づくたび 暖かい気持ちになれる
そういつもあなたの輝く瞳が 優しくほら・NE包んでくれるから

過ぎたあの日のメモリーズ 今もこの目に鮮やかな光眩しくて
忘れないあのメロディー ずっとこの胸暖める優しかった季節


”ずっと一緒に・・・”そう言ってくれた 蒼く澄んだこの空の下
少しずつでいい歩いて行こうよ 二人この手繋いだあの日から

そして流れるメモリーズ この瞬間もまた想い出に変わってゆく

過ぎたあの日のメモリーズ 今もこの目に鮮やかな光眩しくて
忘れないあのメロディー ずっとこの胸暖める優しかった季節


もどる