近未来学園物AVG
「はぁとでネットワーク」

HYBRID CD-ROM(Windows、Macintosh両対応)
価格:9,240円(消費税込)
BGM用CD、トレーディングカード同梱


■  ストーリー紹介  ■

 主人公・狭山孝介は、何処にも居るようなごく普通の学生。

 だが両親の仕事柄、転勤が多い為に、小学生の頃から幾度となく引越を余儀なくされ、その為に親友と言えるような友達は多くなかった。
引越先でのいくつもの出会いと、その後に待っている辛い別れを繰り返すうちに、孝介は一人で居る事を好むようになる。

 それが、孝介にとって一番苦しまずにすむ選択だった。
 両親は忙しくて家にいない事が多い上に友達が少ないという環境の中で孝介をずっと支えてきたのは、「無能ちゃん」と呼ばれる人工人格プログラムだった。

 そして二年前・・・・引越が多くなる前にずっと暮らしていた場所、港の丘町に孝介は再び戻って来た。
 他の土地での暮らしと同じく一人で居る事を好んでいた孝介。
 そんな彼に、何かと世話を焼く少女・成田香澄。
 また、兄と慕ってくる無邪気な従妹の斐川奈美。
 初めはそんな状況を煙たがっていた孝介だが徐々に打ち解けていき、他の土地よりも長い時間滞在していた事もあって、今ではずっと昔から居たかのように溶け込んでいた。

 そして3度目の春を間近に控えたその日、春に引っ越さねばならない事を告げられる孝介。
 風が柔らかくなり始めた季節に、この物語は始まる。


■  キャラクター紹介  ■

成田 香澄(なりた かすみ)

 主人公のクラスメイト。
 気が強くアウトドア系の活発な女の子。
 教室で同じくクラスメイトの一也と、三人でよく馬鹿話をするような気さくな性格の持ち主。
 また、孝介に何かと世話を焼いたり、外に引っ張っていこうとするが、煙たがれる結果になる事が多い。


斐川 奈美(ひかわ なみ)

 主人公を「お兄ちゃん」と慕っている無邪気な従妹。
 JVNCの偉いさんの孫娘で、私立のお嬢様系学校へ通っている。
 同人誌のサークル活動を行っており、そこそこ名が知れている。
 そのせいか、喋り方が少々独特である。
 パソコンそのものは初心者で、周りに誘われてネットワークを始めるが、まだよくわかっていないらしい。


川澄 睦月(かわすみ むつき)

 主人公の所属しているPC研究部の部長。  大のコンピューター好きで、少々オタク傾向がある。  孝介と同じく、変な食べ物や飲み物を追求する、変わった趣味を持つ。


津田沼 真利(つだぬま まり)

 偶然知り合った、カラオケと海が好きな女の子。
 性格は控え目で、どこかお嬢様っぽい所がある。
 知り合ってからは、度々会うことになるが・・・。


NKP-D3/無能ちゃん/カスミ

 ネットワークのチャット上に存在する、仮想人格。
 正式名称はNKP-D3。
 JVNCのラボで開発された彼女は、ネットワークのサーバー上に存在し、サービスの運営をスムーズに行う事がお仕事である。
 孝介の家のNKP-D3は、開発者で有る両親のカスタマイズが施された開発中の進化型を使用しており、かなり人間っぽい反応を見せる。
 そのせいか、人工無能の時の愛称「無能ちゃん」を引きずられている事に、少しブルーが入っている。
 孝介は、自宅のHKP-D3を「カスミ」と命名して呼んでいる。


MARINE

 デビューまもなくミリオンセラーをマークした、現在売り出し中のアイドル。
 親友の一也が大のファンであり、孝介もそれに引きずりまわされる事に・・・。




■  歌詞  ■

● HEART DE NETWORK ●

作曲:くるがみ 龍
作詞:MIU
歌:MIU

遠く離れているから 見えない時間があるよ
でも信じてる

月明かり 照らされた 二人の写真は
どんなときも夢をくれるよ

メールを何度も読んで
逢える日を数えながら眠る

ねえ、教えて
今度はどんな風に抱き締められ、感じさせるの?

HEART DE NETWORK 二人なら 優しくなれるね
どんなときもプラスにして
HEART DE NETWORK 温めた 確かな想いを
甘い未来へと連れて行けそうだよ

大切な想い 伝えられる勇気
ココロのつばさを あなたからもらったね・・・

ねえ、教えて
今度はどんな風に抱き締められ、感じさせるの?

HEART DE NETWORK 二人なら 優しくなれるね
どんなときもプラスにして
HEART DE NETWORK いつまでも 笑っていようね
空に光る星 願う
HEART DE NETWORK 温めた 確かな想いを
甘い未来へと連れて行けそうだよ

HEART DE NETWORK HEART DE NETWORK
HEART DE NETWORK HEART DE NETWORK


● ココロのつ・ば・さ ●

作曲:くるがみ 龍
歌詞:巣屋 真奈美/くるがみ 龍
歌:PON

自分のコトを何も 分かっていなかったあの日
涙を流す意味を 知らずにいたの私
あなたと会えるコトが とても楽しい事だって
思い始めてそして 胸の痛みを知った

ガラスの向こう側に 輝いている景色
伸ばした手はあなたに 届く事無いと知ってるけど

あなたがくれたココロのつばさ 胸の中にあるから
辛い事の全てを 怖れたりはしない


会いたい気持ちずっと 積もって大きくなるの
会えない日には一人 体を抱きしめてた
あなたと会えた時は 自然に笑顔になって
初めて胸の痛み 「スキ」なんだと気付いた

ガラスの向こう側に 微笑んでいるあなた
鏡のよう重ねた 手は近くて遠くにあるけど

あなたがくれたココロのつばさ 胸の中にあるから
いつかきっとあなたの 元(ところ)へ羽ばたける

あなたがくれたココロのつばさ 闇の空間(そら)に広げて
飛び立つのココから あなたの待つ世界(ばしょ)へ


あなたがくれたココロのつばさ 胸の中にあるから
私を待つ未来を 怖れたりはしない

あなたがくれたココロのつばさ 闇の空間(そら)に広げて
飛び立つのココから あなたの待つ世界(ばしょ)へ

あなたが待つ場所へ


もどる